自転車

老朽化

投稿日:2015 年 5 月 12 日 更新日:

20150501_131900

老朽化って何の話や?って言いますと、ロードバイクのことなんです。5/1に今年初めてロードバイクに乗りましたが、さすがに古さを感じずにはいられませんでした。

思い起こせば、このロードバイクを買ったのは1995年3月だったので、ついに20年が経過したわけですよ。今どきのローディーは2年や3年で乗り換えるのが普通なのに、20年ですよ、20年!(爆) あり得ないですね・・。というか、これを買った頃は自分もまだ20代だったんですけど・・(汗)

スポンサーリンク

20090403_121409
といっても、当時の姿のまま残っているわけじゃなくて、ほとんど原形をとどめないほどに改造されております(爆)。これが購入当時のフレームです。PanasonicのPOSで組んだものです。しかし長年の屋外放置でボロボロに錆びまして、2009年、某D氏にKHSのフレームを譲っていただきまして今の姿になりました。それからホイールもシマノの安物に交換しております(笑)。しかしそれからも早6年が経過・・

IMG_0649
クランクはだいぶ前にスギノのコンパクト(48-36T)に換装しておりました。

購入当時からそのまま残っているものといえば、次の3つだけなんですよ。(笑)

IMG_0648
IMG_0650
IMG_0651

さすがにここまで行くともう同じ自転車とは呼べないですね(爆)。ただスペックも相当古くて、今どき8速仕様ですしね、BBは昔ながらの四角軸テーパー仕様なんで最新のパーツと互換性がない。それとフォークコラムがカットされていると思うんですが、ハンドルが低すぎても上げることができないんです。仕方なくステムを裏返しに付けてますが、カッコ悪い。(笑)

まあそれだけなら、いじらない限り問題ない話なんですが、どうにも不快なのがデュアルコントロールレバーのブラケットカバーなんですね。

IMG_0652
ご覧の通りゴムが劣化しておりまして、ベトベトに溶けています。触っただけで手がネバネバになるのが不快でしょうがない。カバーをめくるとビリッと破れますので、もはやバーテープの交換もできなくなりました。(汗)

これって一番初期のSTIですから、調べてみましたがもう補修部品も入手できないんですね。万事休す。これさえ直ればまだ乗れないことはないんですが、このネバネバ仕様ではもう乗りたくありません。たかがカバーのためにダメになるのが悔しいですが、普通こんなになるまで乗りませんわな・・(^_^;

そこでこれを直す唯一の方法がデュアルコントロールレバーを交換して駆動系を一新するしかないんですね。ついでですから9速化しちゃいましょうという狙いです。しかしデュアルコントロールレバーって結構高いんですね・・。ディレーラーとスプロケットも一式で交換しないといけませんので、調べてみましたら一番安いSORAでも3万円近くかかるんですね、うーむ・・

ちょっとね、これだけ老朽化した車体に3万円もかける価値はないと判断いたしました。それが正常な思考でしょう。そもそも原形をとどめていないわけですから、もはや愛着も何もないんですね。あちこち継ぎ接ぎだらけで相当ガタが来てますし、直しても焼け石に水。もう廃棄処分しかないと思っております。

それで残る選択肢としては買い換えしかないわけです。しかしそんな金があるわけない!(爆) ロードバイクって最低15万は出さないとまともなのは買えないことはわかっております。でも僕の財力では到底無理で、せいぜいSORAクラスか、よく頑張ってもTiagraクラスが限界ですね。まあそれでも今のよりははるかに進化してるでしょうけど・・(笑) 下手するとドッペルに手を出しちゃうよ。(爆)

しかし根本的な問題として、そもそもロードバイクが必要か?という話になります。基本的にロードバイクってレースに出ない限り必要のないものですよね? もうレースは引退しましたので、まったく必要ありません、ハイ!(爆)

ただロングライドとかするにはロードバイクの方が楽なのは確かですね。でも僕のロングライドはいくら頑張っても100kmが限界ですから、やっぱり要らないんですね(笑)。MR-4がロードバイクに近い性能を持ってますから、100kmくらいは普通に走れます。ほんとにMR-4だけで十分なんです。強いて言えば直進安定性と高速巡航性には若干劣るかな?という程度です。それにロードバイクにはフロントバッグが付きませんので、カメラが絡むとどうしてもMR-4の出番になってしまいます。結局、写真が目的だとロードバイクってほとんど乗る機会がないわけですね。

だからもうMR-4がメインでロードバイクは現役引退ということでいいんです。ただMR-4ももう13年選手ですけどね・・(笑)。自転車自体がマンネリ化で年々縮小しているわけですから、新しいロードバイクなど買っても結局乗らないのは目に見えています。物欲効果で自転車復活とか絶対にあり得ないと断言いたします。(爆)

もう自転車趣味は風前の灯火なので、機材も縮小していきましょう。自転車が増えるとそれだけオプションやらメンテが必要になりますので効率が悪いんですよ。一台減らしたらそれだけ楽になります。断捨離しましょ、断捨離!

それよりもエンジンの方が老朽化していることが問題なんだよなぁ・・(爆)

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.