登山

東篭ノ塔山と池ノ平湿原

投稿日:

蓼科山に登ったその日は小諸YHで泊まりまして、翌日の7/27は一番近い池ノ平湿原へ行くことにしました。熱中症と思われる症状は幸い一晩寝たら完全に回復しており、筋肉痛も出てきませんでした。まあ今日は登山と言うほどのこともないので、ちょうど良い行程です。


小諸からチェリーパークラインを車坂峠まで上がり、そこから未舗装の湯ノ丸林道を数キロ走ります。バスが通ったらホコリが凄い。未だにこんなダートが残っているのも珍しいです。ちなみにこの道は土日はマイカー規制が敷かれますので、車坂峠からシャトルバスに乗り換えることになります。池ノ平湿原の入口には有料駐車場(500円)があって、ここに停めて出発します。

スポンサーリンク


登山コース図


湿原めぐりの前に、まず東篭ノ塔山へ登ります。登山口は駐車場から道路を渡った向かい側にあります。


最初は笹原の中のゆるやかな上りです。


でも最後はやはり岩ゴロゴロの急斜面になります。


コースタイムでは40分となってましたが、実際には30分ほどで山頂に着いてしまいました。まったく登山と言うほどのこともないです。標高は2228mあって、この近辺では最も高い山です。しかし曇っていて展望はほとんど得られず。


こちらは尾根伝いに行ける西篭ノ塔山です。その向こうは湯ノ丸山でしょうか。東側には噴煙を上げる浅間山が見えるはずですが、残念ながらずっとガスっていて見えませんでした。


こちらは駐車場と池ノ平湿原方面です。いくら待っても晴れてきそうにないので、早々に下山して次は湿原めぐりに入ります。


湿原へは駐車場からゆるやかに下っていきます。すぐにいろんな植物が出迎えてくれます。これはミヤマオダマキですね。


この時期はヒオウギアヤメやカキツバタが多く見られます。


湿原の一番奥には鏡池という小さな池があります。曇っていてもまた幻想的な雰囲気です。


三方ヶ峰という小ピークへ登る道があるので、頂上まで行ってみます。途中でハクサンシャクナゲが咲いてました。ちょっと傷んでますが・・。蝶がとまったところを撮影。


これはタテヤマウツボグサというらしいです。


ほんのわずかな上りで三方ヶ峰の頂上に着きました。先ほど登っていた東篭ノ塔山が見えています。


三方ヶ峰の頂上にフェンスが張り巡らしてあったので、何だろうと思ったらコマクサがたくさん咲いていました。コマクサは高山植物の女王と呼ばれ、他の植物が絶対生えないような砂礫地に好んで生えます。金網越しに望遠レンズで撮りましたが、これが精一杯。この場所でしか生きていくことができないのに、やはり盗る奴がいるんですかね? ここまでしなければならないのが情けない・・


これはウスユキソウですね。


三方ヶ峰から下って再び湿原に戻り、一周路を歩きます。この時間になって浅間山が見えてきました。


これは名前を忘れてしまいましたが、間違いなくラン科の花ですね。花の一つ一つが小さいながらもランの姿をしています。


というわけで、大して歩いてもいないですが、湿原を一周して駐車場に戻りました。

その後は群馬県側に下り、六合(くに)村の道の駅で車中泊しました。ここの温泉も良かったし、夜は超静かで最高に快適でしたよ。

関連記事

スポンサーリンク

-登山
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.