写真

大宇陀(2)

投稿日:2011 年 1 月 9 日 更新日:

この場所に来たのはまったく初めてなのですが、この写真を撮ったとき、「あっ、この景色どこかで見たことある!」と強い既視感を覚えました。それはいわゆるデジャヴではなく、はっきりした根拠のあるものです。

スポンサーリンク

その直感はやはり確かなもので、後日調べたところ、自分が持っている入江泰吉さんの写真集に同じ場所から撮られた写真があることを見つけました。たぶん写真館で実物も目にしていたと思われます。それは中央やや上に写っている古い土壁の小屋と背後の神社の森から同じ場所であることが確認できました。

件の写真は「阿紀神社への道」と題されていました。実際はもう少し後方、川の対岸から撮られているようですが、縦位置で左側の道を主題としたものです。その道を向こうから歩いてくる一人の老女がポツンと写っているという、ただそれだけの写真なんですが、それが妙に味わい深くて印象に残っていたのでしょう。

名所旧跡の類はすぐ場所が特定できますが、こういう何の特徴もない風景で場所が特定できることは大変珍しいことです。それだけ人の記憶に残る写真ってやっぱり凄いんだなと思いました。

ただこの場所でシャッターを切ったのは自分が何かを感じたからには違いなく、それがたまたま入江さんと同じ場所であったことに妙に感動しているのでした。


これがその土壁の小屋です。たまたま撮っていました。入江さんが撮られた当時からここにあったのですね。


阿紀神社

(写真:奈良県宇陀市大宇陀区)

スポンサーリンク

関連記事

-写真
-, , ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.