性懲りもなく

カメラムービーカメラ


自転車用 デジカメスタンド(三脚) Donyaダイレクト DN-MARM3231

一年前の今頃は空前の動画ブームでしたが、あっという間に終わりました。しかし歴史は繰り返すと申します。写真撤退しましたのでまた復活しようとしております。(爆)

車載動画は何を使ってもダメってわかってるのに、また性懲りもなくこんなグッズを購入してしまいました。(^^; たったの499円ととにかく安いんです。構造も超シンプルで簡単に着脱できるのがメリットです。普段使わないものを付けておくのは嫌なんでね・・

取り付け方はいたって簡単で、柔らかい樹脂製のベルトをハンドルバーなどに巻き付けて引っ張るだけ。カチカチとクリックで止まります。要はリピートタイと同じ方式です。太さ4cmまで対応しているので、ステムにも取り付けられるのがミソです。これならサイコンやライトと干渉せずに取り付けられます。カメラ雲台は一応ボール式になっていて自由に動かせます。

しかし良いことばっかりではありません。まずカメラの取り付けがやりにくい。雲台ではなく、カメラ本体を回さないと入りません。しかも緩まないか不安が残ります。そして雲台の可動範囲があまり広くなく、ステムが地面と平行でない場合は目一杯カメラを下げても水平にならないことがあります。

決定的に良くないのは、ボール部分の締め付けが甘いこと。いっぱい締めたつもりでも走行中の振動ですぐカメラが傾いてきます。しょっちゅうカメラの向きを直さなければなりません。樹脂製ですからベルトの耐久性も心配ですね。劣化してくるとプッツンと行きそうです。


とりあえず昨日テスト撮影してみました。画面の揺れは今まで使ってたカメラホルダーと同じレベルだと思いますが、すぐカメラが空を向いてしまうのでしょっちゅう直しています。

はっきり言って使えません! 早くもお蔵入り決定!

やっぱり動画は手持ちに限るという当たり前の結論に落ち着くのでした。(爆)

コメント

  1. KAY.T より:

    試行錯誤と自虐的な生き方の匂いがするブログになってきました…。

  2. kishi より:

    499円でステキな動画が撮れると思うのは甘いですよ。YouTubeには自転車動画がたくさんありますが、良いものはかなりの工夫と試行錯誤の末に出来ていると思います。カメラを取り付ける位置を車輪軸など低いところにすると、かなり振動が軽減するのは確かなようです。

    手持ちもいいですけど、ゆっくり走るときしか使えませんし、安定した自転車固定視点にも良さはあると思います。

    しかし結局のところ、写真と同じで「何を撮るか」が一番重要でしょうね。車がビュンビュン通る一般道を撮るだけでは、あまりに芸が無さ過ぎますよね。

    これからも精進してください(笑)。

  3. SORA より:

    @KAY.T さん

    自虐が身の上の人生なんです・・(爆)

  4. SORA より:

    @kishi さん

    車載動画は凝り出すと恐ろしく金がかかりますよね・・(^^;
    結局は加茂屋ベロムービーに落ち着くんじゃないでしょうか?
    もう付ける場所がないんですが・・

    こうやって苦労して撮っても肝心の動画がつまらないのが×ですね。(爆)

  5. […] 以前の記事で499円のハンドルバー用カメラホルダーを購入して使い物にならず、お蔵入りさせたことをお伝えしました。実はこれまでにこの手のカメラホルダーをいろいろ購入していて […]

タイトルとURLをコピーしました