写真

金環日食

投稿日:

昨夜から小雨が降っていて、もう完璧にあきらめてたのですが、朝6時に起きてみると何と晴れているではありませんか! やっぱりウェザーニュースは当たるで! 気象庁と違って生活かかってるもんね。(笑)

というわけで6時50分頃から近所の川の土手に出て観察開始。わざわざ遠くまで行かなくてもほんとに徒歩1分ですもんね。東の空はバッチリ見えますよ。近畿地方は曇ってるところも多かったようですが、奈良では薄雲もなく完璧な晴れ! その後また曇ってきましたから、よっぽど運が良かったんですね・・

せっかくなんで三脚持って写真撮影にもトライしました。説明書にはやるなと書いてありますけど(笑)、日食グラスをカメラのレンズに押し当てて撮影。ミラーレスでこれやると撮像素子を焼く恐れがあるので、やっちゃダメですよ。正統的な一眼レフ(一眼じゃないよ)は長時間日光に晒さなければOK。

■撮影データ
OLYMPUS E-620
SIGMA 70-200mmF2.8(400mm相当)
ISO100 f5.6 1/6秒 三脚使用

一応、欠け初めから終わりまで経過写真を撮ってみました。中心部分をトリミングしています。

スポンサーリンク


7時14分
実はこのときズームアップするのを忘れてて70mm側で撮ってました。(^^; ちょっと大きさが違いますけど、無理やりトリミング。


7時23分
このくらいになるとかなり薄暗くなってきました。


7時27分
この頃から急に近所の人が集まってきて歓声を上げていました。


7時28分
金環食が始まった瞬間。


7時29分
金環食の最中。


7時31分
金環食が終わる直前。縁にややギザギザが見える?


7時32分


7時39分


7時54分
このくらいになると元の明るさが戻ってきました。


8時1分
よく見ると真ん中から右上にかけて黒点が写ってます。

金環日食は暗くないと聞いてましたけど、実際にはかなり暗くなって夕方のような感じでした。晴れてるのにあたりが暗いのは何とも不思議で神秘的な光景でした。金環食はほんの2分ほどですから写真とか撮ってるヒマもないですね。まあ見れて良かったです。次の機会まで生きてるかわかりませんし・・(^^;

今回見られなかった方も6月6日には金星の太陽面通過があるんで、日食グラスは捨てずに持っときましょう。日食よりこっちの方がレアな現象らしいですよ。

スポンサーリンク

関連記事

-写真

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.