登山

信州峠から横尾山

投稿日:2015 年 7 月 29 日 更新日:

このクソ暑いのに自転車なんか乗ってられるかよ!ということで、信州の山へ行ってきました。2日目の7/29のことです。この日はもともと麦草峠から縞枯山を周回する予定だったのですが、峠まで行ってみたものの濃霧と小雨の悪天候。さすがに朝から雨降ってたら諦めるしかないでしょ。

しかしこの日の予定がまったく抜けてしまいました。仕方ないので次の目的地に向けて移動を始めるつもりで松原湖方面へ下りました。そして川上村から信州峠を越えて山梨側へ下るつもりでいたら、にわかに晴れてきたんですよ。これはとりあえず足慣らしに横尾山でも登っとくか?ということで、急遽予定になかった横尾山に登ることになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
信州峠の山梨県側に8台くらい駐車できるスペースが用意されています。平日のマイナーな山ですから一台も停まってません。そこから道路向かい側のコンクリート階段を登ったところが登山口です。大きな標識が立っているのですぐわかります。

スポンサーリンク

登山コース図

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
登山道に入るとすぐこの道標があり、横尾山まで1時間30分と書いてあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
登り始めてしばらくは傾斜の緩い林間の道が続きます。こんなのばかりだったら楽チンですが、やがて標高差150mほどを一気に上る急登になります。標高の低い山ですから暑くて汗が噴き出してきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その急登が落ち着くと急に樹林が切れて視界が開けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そこがカヤトの原と呼ばれる草原になっています。横尾山まで50分の道標を見て、まだ半分も来てないのかとガックリ来ました(笑)。でも標高的にはもうほとんど登り切っているのでそんなにかかるとは思えません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここからもう少し上ることになりますが、標高差は70mほどしかありません。一番左側に見えているピークが横尾山のようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カヤトの原からは川上村の高原レタス畑が一望できます。後には男山と天狗山がそびえています。その後には八ヶ岳が見えるはずですが、今日はガスがかかっていて見えません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カヤトの原から続く尾根を上っていく途中、ヒオウギアヤメがたくさん咲いてました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホタルブクロも見かけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
標高差はそんなにないはずなんですが、上ったり下ったりでなかなか頂上に着きません。結構足に来ます。最後の方には大きな岩がゴロゴロ積み上がっている場所がありました。ここを越えたら頂上だと思ったのですが、まだでした(笑)。よくあることですが、偽ピークがいっぱいあって騙されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いい加減嫌になってくる頃、やっとこさ頂上に着きました。それでもカヤトの原から30分強くらいですね。50分はオーバーでしょう。山頂は狭くて樹林に覆われています。標高は1818mあって、山梨百名山に数えられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
山頂の南側は少し開けていますが、どこの山だかさっぱりわかりませんね。晴れてたら富士山が見えても不思議ではないですが・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
山頂でお昼を食べてから、展望もないのでそそくさと引き返してきました。上から見るとカヤトの原は広々してますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
南東方向に見える岩肌を露出した山はたぶん瑞牆山と思われますが、頂上はガスっていて見えません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カヤトの原は開放的で気持ちの良いところですね。頂上まで行っても展望はないので、ここで引き返しても十分だと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これはエゾカワラナデシコでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これはヒョウモンチョウでしょうね。風で揺れてなかなか撮れなかったんですが・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
往復3時間ほどで信州峠に戻ってきました。ここまで誰一人出会いませんでした。足慣らしのつもりでしたが、最近まったく山に登ってなかったので、これは翌日筋肉痛になって響いてくるはず。

信州峠から黒森へ下り、クリスタルラインなる林道で牧丘まで移動したんですが、これが果てしのないアップダウンの繰り返しで気が遠くなりそうでした。(笑)

スポンサーリンク

関連記事

-登山
-

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.