写真

写真のテーマ

投稿日:

写真をやめて久しいですが、いっこうに復活の気配を見せないですねえ・・。普通は新しいカメラを買ったりしたのをきっかけにパッと盛り上がるもんですが(熱しやすく冷めやすい人の場合^^;)、E-520を買ってもやっぱり盛り上がらないですねえ・・。結局、コンデジの方が便利だよなぁ・・(^^; これまでも何度か盛り上がりかけたことはあったけれど、本格燃焼する前にスーッと鎮火していくんですよね。まるで火のつきの悪い炭みたいに・・

僕の場合、最初に写真を撮り始めたのが1985年頃で、そこから6年くらいは続いていたけれど、急に興味がなくなって3年くらい撮ってない時期がありました。その頃は旅行の記録がメインで、写真そのものにはそれほど凝ってなかったんですよね。一番興味がなくなっていた頃は一眼レフを使うことさえ面倒になり、安物のコンパクトカメラで日付入りで撮っていた写真が今も残っています。(^^;

それが1996年頃になって再び写真熱が始まり、第二次写真ブームが訪れます。ちょうどその頃、世間ではネイチャーフォトがにわかに脚光を浴びた時期であり、同時にインターネットが普及し始めた時期でもあります。それとともに本格的に写真にのめり込み、一気に機材が増えていきました(泥沼とも言う^^;)。その頃はサイトで写真を発表するという「目的」があったんだと思います。

この時のブームは非常に強力で、すべてが写真を中心に回ってました。当時はまだしがないサラリーマンでしたが、休日はすべて撮影に当てられました。特に被写体に事欠かない春や秋は忙しく、一日でいくつもポイントを回って身体が一つでは足りないほどでした。コンテスト入賞とかそれなりに成果はあったわけですが、今から思えば1999年がピークだったと思います。それを境に徐々に下火になり始め、2002年頃には決定的に終焉を迎えました。

なぜ下火になったのかと言えば、一つには一通り撮り尽くしてしまってやることがなくなったからだと思います。毎年毎年同じ場所で撮っててもマンネリでしかなくなるのですね。マンネリは人のやる気を奪う最大の敵です。そしてもう一つの理由というか、こっちの方が大きいと思うのですが、それはデジカメの台頭です。それまで画質面でお話にならなかったデジカメが200万画素を超えたあたりから「実用的」になり初め、価格も下がってきました。そうなると今まで写真など興味もなかった人達が我も我もと写真を撮り始めました。自分は天の邪鬼なので、猫も杓子もやり始めたとたんに興味がなくなります。その頃はまだブログというものもなかったですが、今やブログ全盛の時代。もう猫も杓子もどころか、掃いて捨てるほどインターネット上には写真が溢れかえっています。完全に写真は飽和の時代に入りました。

それでもう今では写真なんて完全にやる気がなくなってしまいました。あんなに熱中していたのが遠い昔のように人は冷静になれるものです。タバコも一度禁煙してしまえばもう気にもならないといいますが、まあそんなもんです。火をつけようにもすぐ消えてしまってつけようがない・・。結局、撮りたいものがないんですよね。要するにテーマがないということが弱いのです。これまで自分は風景を漫然と撮っているだけで、これと言ったテーマがありませんでした。だから一度消えてしまえばもう復活することはない、確かにその通りです。

じゃテーマを見つければいいではないかということになりますが、それがそう簡単には見つからないのです。少なくともそこへ行けば確実にあるような風景など撮ってもつまらないし、ネイチャーだけは二度とやる気はない。道路元標とか明確なテーマを持っている人は幸せですね。存在そのものがあるかどうかわからないんですから・・。写真の本質とは「発見」にあると思うんですよね。自分の眼で発見したものを記録に残すのが本来の写真というものです。それは自分というフィルターを通して世界を見ているわけで、そこに写真の芸術性が表れます。だから何をおいてもまずテーマを見つけることが第一。僕は人のやってることをするのが何より嫌いだから、誰も撮らない写真を撮りたい。しかし美味しいところはすべて手を付けられてるんだよなぁ・・。かくしてテーマ選びは難しいのである・・

関連記事

スポンサーリンク

-写真
-

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.