自転車

紅葉の岩尾池カメラポタ

投稿日:

20061121_060.jpg
岩尾池
先日の「新玉亭ポタ」の時にc氏と岩尾池の紅葉が良さそうやなぁという話が出ていて、なんか今週は火曜日しかいい天気の日がなさそうなので、自動的に今日行くことに決まりました。やっぱりヒマですなぁ・・(^_^;
c氏は道路元標収集とヘキサ収集のため上野まで輪行してから走るということなので、僕は滋賀県甲賀市の余野公園に車をデポして向かうことにします。10時過ぎくらいに出発しました。

スポンサーリンク

柘植から県道<50>で玉滝へ向かう途中、小杉の集落内でc氏に電話したらいま友田にいるということです。すごくいいタイミングですね。ちょうど同時くらいに玉滝に着きそうです。東湯船からちょっとした峠を越えて西湯船に出て、県道<50>を北上していくとまもなく玉滝です。走っている途中呼び止められて見ると、c氏が写真を撮っていました。(^_^; 非常にスムーズに合流できました。そこには大きな銀杏の木があって、とても綺麗に黄葉していました。
20061121_009.jpg
玉滝の銀杏・ここでc氏と合流
玉滝から県道<132>へ向かうわけですが、自分は何の疑問もなく県道<50>を行くものと思ってました。GPSにはそのルートが入っていたので間違いなく進んでいることが確認できました。ところが峠らしき場所でc氏が止まって地図を広げるので何だろうと思ってると、県境がどうのこうのと言ってるのが何のことだか理解できません。はて、ここには県境はないんだけど・・? しばらくしてようやく状況が理解できました。ここより北側の「内保越」を越えるつもりが間違って県道<50>に入ってしまったらしいのです。何でも「内保越」を越えた後、北側から岩尾池に入るつもりだったということでまったく想定していませんでした。紀伊半島の人間ナビでも道を間違えることあるんですねえ・・(^_^; 結局戻るのも何なので、そのまま南側から岩尾池へ向かいました。
県道<132>に入って県境までちょっと上りますが、その途中にも小さな池があって結構紅葉しています。そしてもうちょっと上ると岩尾越のピークを越えて県境に着きます。ここから大沢池の湖畔に沿って走ります。この道は本当に静かで気持ちのいい道ですね。このあたりは落葉樹林が多いので紅葉もなかなかきれいです。それほど派手な色はありませんが、黄色や茶色の中にところどころカエデが赤く色づいていたりします。ちょっと行っては写真を撮り、完全にポタモードに入ります。そして大沢池の堰堤を渡ったところのベンチで昼食休憩。平日だと本当に誰も来なくて静かですなぁ・・。対岸には東海自然歩道が続いていて、MTBで走ったら面白そうな道です。誰か行きますか?(^_^;
20061121_032.jpg
大沢池畔の快適なプロムナード
20061121_044.jpg
大沢池畔の紅葉
もう一つの岩尾池の湖畔はキャンプ場になっていて、結構カエデが色づいています。その辺でまた写真を撮りまくりました。岩尾池は湿地帯になっていて葦などが茂り、なかなか絵になります。
20061121_061.jpg
落葉もきれい
20061121_074.jpg
岩尾池畔
20061121_082.jpg
撮影中のc氏(^_^;
20061121_087.jpg
この感じ、ええなぁ・・
岩尾池を後にして新田へ下り、さらに杉谷川に沿って市之瀬・杉谷へと下っていきます。途中、工事中の第二名神と交差する箇所があって、とんでもなく高い橋桁が架けられています。そら莫大な工事費がかかりますわなぁ・・。その後、宮乃温泉のところでc氏が県道<49>のヘキサを撮るということで、ここでお別れします。c氏は水口方面へ向かうそうです。
僕はその後、甲南の市街から旧街道を拾いながら油日まで行き、油日神社に寄って余野公園に帰りました。甲賀駅前あたりは道がぐねぐねしていて非常に複雑ですが、GPSのおかげでノーミスで通過できました。油日神社では紅葉と壮麗な社殿との取り合わせがなかなか絵になりました。箱田を経て余野公園へ午後3時帰着。
20061121_109.jpg
油日神社にて
20061121_118.jpg
油日神社
走行距離:38.9km
平均速度:16.8km/h
体  重:59.4kg
体脂肪率:19.3%

関連記事

スポンサーリンク

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.