自転車

三重県津市・うなぎの「新玉亭」ツアー

投稿日:


新玉亭のうな丼・上並盛り(一人前)
今日はakutaさん主催の「第6回胃袋破壊ツアー・うなぎの新玉亭オフ」に参加させてもらいました。三重県関町から伊勢別街道をメインに津市までの往復40kmほどのコースです。関といえば遠いように思いますが、名阪国道経由でわずか1時間で着きます。だいっきらいな激坂もなく、食い物メインのポタということで楽しみにしておりましたが、前日に低気圧が通過してえらく荒れた天気が予想されました。案の定、典型的な冬型天気で、加太越にさしかかるあたりから雨が降り始めました。集合場所の関ドライブインに着いたときには雨は上がっていましたが、またすぐに横殴りの雨が降ってきました。これは最悪車で津まで行って、うなぎを食べて帰るだけになるかも?と心配されましたが、10時過ぎには何とか雨も小降りになって、青空も覗きました。総勢11名で出発です。

スポンサーリンク

伊勢別街道は伊賀越の帰りによく通りましたが、椋本あたりの旧道を通ったのは初めてでした。往時の面影をとどめる旅籠も残っていて、なかなか風情があります。
20061112_019.jpg
椋本宿の老舗旅館「かどや」
その後、津市に入って窪田の大常夜灯を訪れます。高さ8.6mもあるそうで、すごい大きさです。何とハシゴで上まで登れるようになっています。
20061112_027.jpg
窪田の大常夜灯。めちゃデカイ。
一身田では専修寺というお寺の前を通りました。今日は何かのイベントがあるみたいで、出店も並び、えらい賑わいです。
20061112_042.jpg
一身田の専修寺山門
津の市街に入って伊勢別街道と参宮街道の合流点を通ります。ここにも常夜灯が残っています。今も交通の要衝になっているようで、常に人や車の流れが途絶えません。
20061112_051.jpg
伊勢別街道と参宮街道の合流点。今も交通の要衝。
市街地を抜けて、市役所向かいにある「新玉亭」に着きました。いよいよお待ちかねのうなぎです。日曜日の昼時なんで待たされるかなと思いましたが、えらく立派な建物で三階まで客席があり、待つことなく入れました。ここの名物はその量がハンパじゃないうな丼「大盛」です。だれが挑戦するのかなと話題になってましたが、4名が果敢に挑戦されました(笑)。運ばれてくると(えらく待たされましたが)、その大きさに驚きの声が上がります。単に盛り上がってるだけじゃなく、崩れないようにギュウギュウに詰めてあるので、その密度たるや凄まじいものがあります。
20061112_069.jpg
これが噂の大盛り×2と中盛り×1。もう人間の食い物ではありません。(笑)
最初はみんなイケるイケるなんて余裕こいてましたが、半分を過ぎた頃から苦しみに変わり始めます(笑)。そしてあえなくギブアップ。大盛りを注文するときには、店の人に「残した方はお持ち帰りいただきます」と確認されるのです。2人がお持ち帰りとなりました。T御大氏はc氏にヘルプしてもらってインチキで完食(笑)。そしてm-kojima氏が堂々の完食。数々の大食いを制して、さすがの貫禄です(笑)。
僕は中盛りはイク!と決めていたのですが、全然腹が減ってないのでおとなしく並盛りに(笑)。何せ行きはずっと追い風に背中を押してもらってほとんど体力を使わずに着いてしまったのです。これでバカ食いしたらまたカロリーオーバーやなと泣く泣く我慢しました。(^_^; しかし並盛りはやっぱり物足りないですわ。チビのくせに大食いなんで、中盛りは十分イケる!って感じですな。次はもちっと体力使う設定にしてもらわんとねえ・・(笑)
帰りは新玉亭を出た途端にまた雨。こういう冬型天気は一日中降ったり止んだりでスッキリ晴れることはないんですよね。かなり本降りになったので、しっとりと濡れてしまいました。でも途中から何とか止みましたけど・・。
20061112_084.jpg
帰りは車の少ない道をのんびりと・・
20061112_094.jpg
椋本の大ムク
帰りに関ドライブイン近くの喫茶店に寄ってお茶した後、ドライブインでお別れしました。こういう天候だと幹事役のakutaさんも気疲れされたと思いますが、最後までトラブルもなく、天気も何とか持ちこたえて、一日楽しく過ごせました。どうもありがとうございました。
走行距離:40.0km
平均速度:15.7km/h
体  重:61.0kg(また太ったよ--;)
体脂肪率:20.3%

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.