自転車

梅雨の合間に芋練

投稿日:2011 年 6 月 4 日 更新日:


石舞台古墳にて

今日は久しぶりに晴れ。しばらく平和な日々が続いておりましたが、また仕方なく自転車に乗らなければなりません。正確に言いますと、自転車に乗るのが嫌というより、どこ行くか考えるのが嫌なんですね(爆)。とにかくもうネタはすべて尽きております。ない知恵を絞って新しいコースなど考えても徒労に終わるのは目に見えています。こんな時、誰かが考えた企画に便乗するのが楽でいいです(爆)。ちょうど輪童さんの新車お披露目に芋峠~壺坂峠を走るらしいんで、すかさず便乗を決めました(笑)。あ~、だんだん依存的になっていく・・(爆)

スポンサーリンク


本日の走行コース


集合は石舞台に10時ということだったんで、この時間なら自走可能と見ました。ちょっとは距離も稼げそうなんでね・・。8時半頃に天理を出発しまして、9時半頃石舞台に着きました。ちょうど1時間ってとこですかね。着いたら輪童さんと一緒になって、久しぶりに宮崎さんが登場。今日はまったく偶然だったらしいですが・・。その後すぐcancanさんが登場されましたが、参加表明されていた九度山人さんがなかなか来ない・・。結局、10時ちょっと過ぎてから鉄人児玉さんと一緒に到着されました。で、しばらくして出発しますが、実はこの時点ですでにハプニングが・・


稲淵の棚田を見ながら栢森へ上っていきます。いつものように栢森で休憩してたら、いつまで経っても九度山人さんの姿が見えません。そんなに差が付く上りとは思えないので、トラブルでもあったのかとcancanさんが電話を入れたら、何と道を間違えて多武峰方面へ上っている模様・・。スタート直後にすでに行方不明になっていたのでした。(^^; ということで、昼食場所の千股で落ち合うことにして先に芋峠へ向かいます。


芋峠への上りは苔生して滑りやすい状態が続きます。でもまだそんなに気温も高くなく快適。役行者像のカーブでちょっと休憩してから最後のひと上り。


11時15分頃、芋峠に着きました。ここでもだいぶ待ってましたが、九度山人さんの姿は見えず・・。とりあえず先に千股まで下ります。しかしまあ、芋峠もローディーが増えましたなぁ。明らかに通る自動車の数より自転車の数の方が多いと思いますね。


千股まで激下りしまして、せせらぎ公園でお昼休憩です。ここに1時間以上いましたが、まだ九度山人さんが現れない・・。いくら全部押してたとしても、そこまでかからないだろうと思うんですが・・。で、児玉さんがちょっと様子を見に行ってきて、1時をだいぶ過ぎてからやっと到着されました。なんか今日は絶不調なんですかね?


1時40分頃、やっと千股を出発し、吉野川沿いまで下ります。


吉野川左岸の県道五條吉野線を走り、椿橋を渡って壺坂峠への道に入ります。九度山人さんとはここでお別れ。なんか今日はほとんど一緒に走ってないような・・(^^;


峠道に入ってすぐのところにある「安産の滝」。いつもチョロチョロとしか流れてないのに、こんなに水量多いのは初めて見ました。


いつもは上から見るだけなんですが、階段で下へ下りてみました。すると・・・。何と滝行をする人のための更衣所まで用意されていました。誰か夏やりませんか?(笑)


壺坂峠への道は湿っぽく、かなり水が流れていて滑りやすい状態。


道が広くなってからのしつこい上りが嫌いなんですが、やっと壺坂峠に到着。明日は戦国ヒルクライムなんで、通行止を知らせる看板が出てました。


壺坂峠から激下りして広域農道経由で飛鳥駅前へ。今日は「あーすかふぇ」が出ているという情報だったので、「いちごパフェ」を頂きました。美味しい・・。ここで解散しまして、それぞれ帰途に就きました。帰りも1時間くらいで天理に帰投しました。しかし思ったより距離伸びなかったなぁ・・


芋峠ダウンヒル、安産の滝、壺坂峠ダウンヒルの動画です。

走行距離:66.9km
平均速度:17.2km/h
体重:57.2kg

スポンサーリンク

関連記事

-自転車
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.