自転車

信州耐久ツーリング Stage4~八ヶ岳高原ライン~

投稿日:

20110909_093556
八ヶ岳高原ライン(山梨県道11号線)

4日目に入り、だいぶ疲労が蓄積してきました。そろそろ限界ですので、徐々に負荷を下げていきます。今日は道の駅「こぶちざわ」を起点に八ヶ岳高原ラインを周回することにします。標高差も距離も軽めのコース。この道はもともと有料道路でしたが、今は無料開放されて一般道になっています。

ちなみに清里は信州だと思ってる人が多いですが、山梨県ですよ。よって、ここだけは信州を逸脱しています。

スポンサーリンク


走行ルート図

20110909_084825
車中泊した道の駅「こぶちざわ」を8時半頃出発し、県道11号を清里方面へ上っていきます。スタート地点ですでに標高985mあるのですね。

20110909_085523
八ヶ岳山麓特有の直線上りは勾配こそきつくないですが、精神的に堪えます。直線で200mほど一気に上って、1200m付近からやっと落ち着いてきます。

20110909_092234
この辺まで来るとほぼ水平になります。どんより曇ってて、山はまったく見えません。観光道路なので展望がいいんだろうと思ってましたが、樹林に覆われていてほとんど展望は効かないんですね‥

20110909_094737
ほぼ水平からわずかに上りつつ、天女山入口の交差点まで来ました。ここでどうすべきかしばらく悩んでしまいました。予定ではここから甲斐大泉駅へ下ることになってるんですが、まだ脚が残ってそうなので、清里まで行ってみるかと欲が出てきました。しかしこの先は再び上りに転じ、さらに100mほど上らなければなりません。そこまで行けば展望も期待できそうなのですが、この天気では行っても無駄と判断しました。上へ行くほど天気が悪くなるので、下るに限ります。

20110909_102750
そして県道28号をほぼ一直線に下って、甲斐大泉駅前に出てきました。この駅は標高1180mくらいのところにあるんですね。一応有人駅です。

20110909_105728
甲斐大泉駅から小海線に沿って走ります。この道は泉ラインと呼ばれているみたいです。林間を縫うように緩やかに下っていき、とても気持ちのいい道でした。そして甲斐小泉駅に到着。ここは小さな無人駅になっています。ここまで来ると日差しも出てきて暑い‥

20110909_105800
一応、駅構内も撮影しときます。この後さらに小海線沿いに走って、道の駅に戻りました。まだ11時半。この後、道の駅併設の温泉「延命の湯」に浸かって、結局ここでもう一泊することにしました。この道の駅は温泉はあるし、近くにコンビニはあるし、大型トラックは通らないし、車中泊の環境としては完璧なんですよね(笑)。小淵沢という場所柄もあるのでしょうが、夜間は車中泊の車でいっぱいになりました。

走行日:2011/9/9(金)
走行距離:28.3km
平均速度:16.6km/h

ここからはおまけです。小淵沢でもう一泊した後、翌日は朝からすばらしい快晴に恵まれました。この日は走行はなしで休養日とし、小諸まで移動します。昨日は曇ってて何も見えなかったので、もう一度車で同じ道を走りました。昨日は行かなかった清里へ上る途中、八ヶ岳牧場付近からすばらしい展望が楽しめました。

20110910_073912
八ヶ岳の主峰・赤岳がすぐ背後に迫っています。

20110910_073504
南西方向には南アルプスが‥

20110910_073420
そして南東方向には富士山が顔を出していました。

20110910_090024
さらに野辺山の電波天文台からは八ヶ岳の完璧な眺め!

よって、やっぱり清里までは行った方がいいです。野辺山まで足を延ばせばさらに良し。ただし晴れているときに限ります。

スポンサーリンク

関連記事

-自転車
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.