自転車

ロードバイクに最適なバッグはこれだ!

投稿日:

一昨年、ロードバイクを買い替えてからというもの、荷物の積載にずいぶん振り回されてきました。基本的にロードバイクは荷物を積むのに向いていません。純粋なロード練習ならジャージのポケットに入るだけしか持たない人も多いでしょう。ロードバイクにバッグをゴテゴテ付けるのは美しくないですからね、それが本来あるべき姿です。

しかしツーリングとなると荷物なしというわけには行かないんですよね。最低限、財布とスマホ、ワイヤーロック、食料(店に入らない場合)、カメラくらいは持たなければなりません。これを全部ジャージのポケットに入れるのは不可能です。特にカメラが余計ですよね(笑)。最近はスマホがあるからカメラを持たない人も増えてるんでしょうけど、カメラ好き人間にはカメラなしのツーリングなんて考えられないでしょ? そうすると必然的に荷物を背負うか、自転車に付けるかどっちかしかないわけですよ。

これまでバックパックやヒップバッグ、サドルバッグ、フロントバッグなど、あらゆる方法を試してきました。しかしどれも一長一短あって、これといった決め手がないんですよね。結局、付けたり外したりの繰り返しで、何度やり直したかわかりません。そのために買ったバッグも数知れず、その全てがゴミになりました(爆)。

ではここで荷物の積載方法について改めて整理してみましょう。対象はあくまでもロードバイクとします。荷物の積載に適したツーリングバイクやクロスバイクは含みません。

スポンサーリンク

バックパック

荷物を持っていくなら、誰もがまず最初に考えるのはこれでしょう。自転車には何も取り付ける必要がないので手軽ですし、市販品が豊富にあるので好きなのを選べます。

長所は何と言っても容量の大きさでしょう。あまり大きいのは身体に負担がかかって辛いですが、10Lくらいの小さいものでも自転車に付けるバッグに比べれば十分な容量があります。これは大変なメリットで、脱いだジャケットなどをしまっておけますし、出先でお土産などを買って荷物が増えても対処できる余裕があります。また自転車から離れる際もいちいち外す必要がないので便利です。

短所は言うまでもなく背中の蒸れです。10Lくらいの小さいものなら背中を覆う面積は最小限で済むのでそれほど気にならないのですが、やっぱり暑くなってくると背中がびっしょり濡れて不快です。まあ寒いとき限定ですね。ドイターのように背中にメッシュパネルが入ったものもありますが、あれはあれでバッグ自体が重い上に意外と物が入らないのであまり役に立たないんですよ・・

もちろん重いものを入れると腰に負担がかかるので辛いです。しかし泊まりのツーリングともなると自転車のバッグだけでは収まり切らないので、どうしてもバックパックを背負う必要は出てきますね。

ヒップバッグ

これもバックパックに準じますが、腰回りに付ける横長のバッグのことです。バックパックほどの容量はありませんが、小物ならすぐ取り出しやすいので意外と便利です。

長所はバックパックと違って背中が蒸れないということですね。もちろんそのまま自転車を離れられるのもバックパックと同じです。

短所は重いものを入れると腰に来ることと、腹を圧迫されること、そして背中のポケットが塞がれることです。財布とか食料とか、そんなに重くないものでも意外と腰に来ます。これはバックパックより顕著ですね。特にカメラなんて入れるとてきめんです。また背中から下向きに引っ張られるため、腰のベルトで腹が圧迫されるのも不快です。せっかくある背中のポケットが塞がれて使えないのも不便ですよね。

バックパックと両方使った実感では、ヒップバッグの方が腰への負担が大きく、不快感が強いです。それでいて容量はあまりないので、背中の蒸れさえ我慢すればバックパックの方が快適だと言えます。

大型サドルバッグ

サドルバッグと言っても工具だけ入れるような小さなものではなく、オルトリーブのLサイズや最近流行りのバイクパッキング用の大型サドルバッグを指します。容量的には2~10Lくらいになります。

長所は容量がそこそこあるので、身体には一切着けずに全部詰め込めるということですね。確かに何も身に着けないのは非常に快適ですから、一度経験するとやめられなくなります。おまけの機能としては、泥除け代わりにもなるということですね。

短所は荷物を取り出しにくいこと、中身が少ないと荷物が暴れること、駐輪時に邪魔になることです。言うまでもなく、サドルバッグのものを取り出すにはいったん停まって自転車を降りなければなりません。これがカメラのようにすぐ使いたいものだと非常に面倒になるでしょう。また中身も整理されてないので暴れてぐちゃぐちゃになると取り出しが非常に困難になります。これは物凄くイライラします。そして意外と気付かないのですが、駐輪時に壁などに立てかけるときも大きなサドルバッグは出っ張って邪魔になります。

結構長い間、オルトリーブのLサイズを使っているのですが、やっぱり荷物の出し入れが面倒なことと中でぐちゃぐちゃになるのが嫌で別の方法を考えたくなりました。

トップチューブバッグ

文字通りトップチューブの上にベルクロで付けられる小さなバッグのことで、これは他のバッグと組み合わせて使う補助的なものです。これだけでは大した荷物は入りません。本来は補給食を入れるためのものですが、実際にはスマホとかコンデジ、工具などを入れている人も多いでしょう。

この位置は非常にアクセスが良いので、カメラのような頻繁に取り出したいものを入れるには最適です。そのため僕はカメラ専用のケースとして使ってきました。

これの短所は、あまり大きいのを付けるとペダリング時に膝に当たることです。これは物凄く不快なので横幅の大きいのはNGです。また取り付けが緩いとフラフラ左右に揺れるのも結構鬱陶しいです。

フロントバッグ

自転車に付けるバッグの中で最強なのはやはりフロントバッグでしょう。何と言ってもアクセスの良さは一番ですし、常に視界に入る場所にあるので安心感もあります。ただロードバイクとフロントバッグは非常に相性が悪いです。昔のSTIでシフトワイヤーが横に出ている場合はまず付けられませんし、そうでなくてもタイヤとの距離が近いため、あまり大きなバッグは付けられません。何よりもフロントバッグを付けると見た目が非常にダサくなります(笑)。ロードバイクの美観をぶち壊すこと間違いなしです。

また重心が高くなるため、あまり重いものを入れるとハンドルが重くなってふらつきます。ハンドルバーより上に飛び出すタイプだと、GPSやライトの行き場がなくなるという問題もあります。

これまで比較的小型のフロントバッグを買ってきましたが、あまり小さいと結局何も入らないので役に立たないんですよね。本当にバッグ選びは難しいです。

最強のバッグはこれだ!

これまでさんざんバッグを購入して無駄にしてきましたが(笑)、最後に行き着いた結論がこれです。


何のことはない、モンベルのドラム型フロントバッグです(笑)。もう10年くらい前に買って、何度も使っているものです。取っ替え引っ替えした結果、最終的にはこれが一番だという結論になりました。その理由を説明します。

ここが良い!

ロードバイクのハンドル下に取り付けるのに絶妙なサイズ感です。これより大きいとブレーキと接触しますし、小さすぎると物が入らなくて役に立ちません。特にシフトワイヤーが横に出ているタイプのSTIにはこれ以外の選択肢がありません。

ハンドルバーより上に飛び出さないので、GPSやライトと共存することができます。

日帰りツーリングに必要な荷物を入れるのに過不足ない容量です。財布、カメラ、食料、ワイヤーロックなど全部入ります。

3気室に分かれているので、荷物をすっきり整理して入れられます。ぐちゃぐちゃになることがありません。

ストラップで固定するだけなので、バッグ自体が非常に軽いです。アタッチメントを使わないため、外したときに何も残らないのが美点です。

プラスチックの芯が入っているため、荷物を入れなくても型崩れしません。

ここがダメ!

中央部の開口部が狭いため、荷物の出し入れがしにくいです。特に大きい物は入れられません。

ラダーストラップで取り付けるため、付け外しが結構面倒です。それが嫌なら市販のベルクロテープなどを使うと良いかもしれません。また人によってはリクセンカウルとバジルのアタッチメントを使ってワンタッチ着脱できるようにしているようです。

あまり重いものを入れると垂れ下がってタイヤに接触する恐れがあります。特にハンドルを極端に低くしている人は要注意です。

デザインがダサいです。これが最大の欠点かもしれません(笑)。もうちょっと何とかならないものか・・

工具類はサドルバッグに分散


予備チューブや工具まで一緒に入れるとさすがに窮屈になりますので、それらはまとめてオルトリーブのサドルバッグSに入れました。基本的にパンクしない限り開けることはありませんし、付けっぱなしでOKです。

ミラーレス一眼も入るよ!


コンデジなら左右のポケットに入りますが、厚みのあるミラーレス一眼は入らないだろうと思ったので、これまでカメラはトップチューブバッグに入れていました。


ところが試しに入れてみると、左右のポケットに余裕で入るではありませんか! 意外と収容力ありますね。これでトップチューブバッグが不要になったため、見た目がスッキリしました。

結局はこれが決め手となって、モンベルに戻ってきたのでした(笑)。あまりにも当たり前な結論ですが、ロードバイクにはこれ以外の選択はないですね。長い間放置していたせいか、ファスナーが固くて開けにくいため、へたったらまた新しいのを買おうと思います。

スポンサーリンク

関連記事

-自転車
-

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.