カメラ ムービーカメラ

物欲の種は尽きまじ

投稿日:2010 年 1 月 15 日 更新日:

寒さで動けず缶詰状態になってると物欲と妄想だけが肥大していきます(爆)。ツーリング動画を撮るには今のデジカメでも十分といえばまったく十分なのですが、欲を言えばきりがない・・。まず逆光でスミアが出るのと、音質の悪さを何とかしたい。そこで大本命として候補に挙がっているのが次の2機種です。

K0000017813
Panasonic LUMIX DMC-FZ7

K0000054072
三洋電機 Xacti DMX-CG11

最近はハイビジョン画質で撮れるデジカメも増えてきましたが、それは別にどうでもいいんです。はっきり言って容量の無駄ですから・・。VGAが撮れれば十分ですが、音質にはこだわります。音楽の録音にも使いたいので、ステレオで撮れることが絶対条件。ツーリングも編集をしないで生のライブ感を重視しています。走ってると鳥の声とかいろいろ入り込むのが面白いわけですよ。そうなるとやはりこの2機種くらいに絞られてくるんですよね・・

ただ、どっちも一長一短あってなかなか決めがたいです。まずDMC-FZ7はデジカメの動画としてはダントツの評価を得ています。これの強みは何と言っても広角25mmから始まるズームです。デジカメにしては珍しく動画撮影中にズーミングもできるので、ほとんどビデオカメラと言っても差し支えありません。サンプルムービーを見るとLUMIXらしく見栄えのする画質ですが、やはりCCDなのでスミアは出るという情報があります。そして26000円前後と少々お高い。うーむ・・

そしてDMX-CG11の方は三洋おなじみのグリップスタイルで、手持ちには適さないとされています。しかし自転車に固定するのであれば問題ありません。液晶が回転できますので、走りながらモニターを見られることが最大の利点です。そしてCMOSなので原理的にスミアは出ません。おまけに19000円前後と値段が安いのも魅力です。しかし最大の欠点はズームが40mmからと画角が狭いことです。何でビデオ専用機はデジカメより広角に弱いんですかね? ツーリング動画は広角じゃないとスピード感が出なくてつまらないです。それとバッテリーの保ちも悪いらしい。まあどっちみち動画撮るなら予備バッテリーは必要ですけどね。よってこの場合、画角の狭さを我慢できるかが問題だよなぁ・・

ちなみに、これはあくまでも妄想です。(^^;

関連記事

スポンサーリンク

-カメラ, ムービーカメラ
-

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.