IDIOMにDURO Stinger 20×1-1/8は使えるか?

パーツ自転車

GIANTの旧型IDIOMは後輪とフレームのクリアランスが非常に狭く、20×1-1/8のタイヤがほぼ使えないという惨状でした。ただ20×1のタイヤはほとんど市販されておらず、唯一の選択肢が以前紹介したDUROのStinger 20×1しかなかったんですね。

このタイヤが出たときはやっと救世主が現れたと喜んだものです。値段が安い割に軽く、グリップ感が良いのが特徴です。もう2年使ってますが、一度もパンクしたことありません。屋外に放置しててもひび割れは起きなかったですね。耐久性もなかなか優れていてコスパの良いタイヤだと思いました。ところが最近生産中止になったのか、どこを探しても取り扱いがありません。やっぱり恐れていたことが起こりました。

そこで次に考えられるのは同じDURO Stingerの20×1-1/8というタイプです。20×1は細くて乗り心地が悪いので、今度換えるならこれにしたいと思っていたのです。ミニベロで細いタイヤは段差で足を取られるのが怖いんですよね。街乗りには絶対20×1-1/8が良いと思います。ただ20×1-1/8はもともとクリアランスがほとんどなく、使えるか使えないかは銘柄による微妙な高さの違いによります。以前試したシュワルベ・デュラノはダメでしたが、IRCのROADLITEならいけるという情報があります。当然Stingerも使えるかどうかは装着してみないとわからないので、人柱覚悟で1本だけ買ってみました。もしダメならフロント用に回す予定です。

しかし20×1-1/8の方も長いこと在庫切れになってまして、3月中旬になってやっと在庫が復活しました。

Amazonでも買えるんですが、ヨドバシの方が安かったのでそちらで買いました。→商品リンク

現状のタイヤはまだ使えそうな感じではありますが、いつなくなるかわからないのでとりあえず在庫があるうちに確保!です。

duro stinger 28-451

購入後しばらく寝かせてありましたが、イチかバチかで装着してみました。ご覧の通りクリアランスは目視で1~1.5mmといったところで、まあギリギリではありますが、デュラノよりはマシですね。デュラノは0.5mmもなかったので、少しでも路面が濡れてると砂を噛んでアウトでした。このくらいあれば何とかいけるんじゃないでしょうか?

最大空気圧は6.6barですので、一応maxまで入れた状態でクリアランスを見ています。この状態で乗ってみると、明らかに乗り心地が柔らかくなりました。25Cと28Cでこんなに変わるんですね。25Cのような不快な突き上げ感はなく、マイルドな乗り味に変わりました。少々のグラベルでもいけそうです。まだウェット路面では試してませんが、万が一砂を噛んだら元に戻します。今度こそ使えるようになってほしいです。

その後、雨が降ったのでウェット路面で試してみたら見事に砂を噛みました(爆)。細かい砂なら大丈夫ですが、1ミリ以上の粗い砂が付くとガリガリ言います。ドライコンディション専用なら使えないことはないですが、常用はしない方がいいです。

次はCHAO YANGの20×1を試してみようかな?

スポンサーリンク
関連記事
片雲の風に誘われて

コメント

  1. kakaC より:

    2017年型のIDIOM1に乗ってましたがデュラノ20×1-1/8は余裕で装着出来ました
    ブログ主様のIDIOMは製造誤差でブリッジが下になっているのかも知れませんね

  2. SORA より:

    >kakaCさん

    使えるという人と使えないという人がいるので、かなり個体差がありそうですね。
    明らかにハズレを引いたと思われます。(>_<) デュラノが余裕で装着できるなんて羨ましいです。自分のはバリがすでに当たってました。 こんなに個体差があるって、どういう品質管理してるんだ?

タイトルとURLをコピーしました