登山

伊那佐山と井足岳

榛原から菟田野に向けて県道31号線を走っていると左手によく見える山が伊那佐山。自転車ではよく通る道なので昔から存在は知ってましたが、今まで登ったことがありませんでした。典型的な里山で、伊那佐山から井足岳まで縦走してセットで登るのが定番みたい...
登山

都介野岳と貝那木山

旧都祁村の中央、都介野(つげの)と呼ばれるエリアに三角錐の美しい山容を見せる都介野岳。自転車でよく通っている場所なのでいつも眺めてはいましたが、まだ一度も登ったことがありませんでした。この辺りは平地自体が標高500mある高原地帯なので、山と...
ミニベロ

旅自転車としてのミニベロを考える

3年前ロードバイク引退した時はIDIOM一台で行くはずだったんですが、なぜかその後ロードバイクを再購入してIDIOMはお買い物専用みたいになってました(笑)。ミニベロばかり乗ってると気付かないんですが、両方乗ってるとやっぱりロードバ...
登山

福住から国見山・塔ノ森へ

奈良市と天理市の境に国見山というのがありまして、都祁村併合により奈良市の最高峰ではなくなりましたが、依然として天理市の最高峰ではあります。10年前に一度登ったことはあるのですが、その時は奈良市の矢田原からだったので、今回は天理市側の福住から...
メンテナンス

シフトワイヤーは早めに交換しよう

2回前のライドあたりからですが、何となくリアディレーラーの調子が悪いことに気付きました。何も触ってないのに時々勝手に変速したりするんですよね。 こういう時はたいていシフトワイヤーの劣化が考えられるのですが、今のロードバイクは購入してか...
ロードバイク

ロードバイクの値上がりが酷い

今まで気にもしてなかったんですけど、2022年モデルはロードバイクの価格がとんでもないことになってるんですね。ローエンドの定番だったアルミClarisモデルでも税込10万円で買えるものがほとんどなくなりました。今のところギリギリ10万円で買...
GPS

Ride with GPSがグレードアップ!

サイクリングのルート作成には普段Ride with GPS(以下RWGPS)を使ってますが、無料で使えてかなり便利です。ただ一つだけ難点がありまして、ルートの中にトンネルや橋があると実際の獲得標高より大幅に大きく出てしまうという問題。これは...
スマートウォッチ

Amazfit Bip Sのレビュー(睡眠管理・ワークアウト・バッテリー持ち)

前回はAmazfit Bip Sの外観や機能について解説しましたが、今回は睡眠管理とワークアウトの精度、およびバッテリー持ちについて検証し、まとめとします。
スマートウォッチ

Amazfit Bip Sのレビュー(外観と機能)

Amazonのブラックフライデーセールにやられて、またスマートウォッチを買っちゃいました(笑)。これで3台目ですよ。そんなにいくつもあってどうするねん?と思われるでしょうが、目的に応じて使い分けるのがスマートなんですよ。 というのはま...
ライド報告

魚飛渓と島勝浦

2日目はどこ走るかなかなか決まらなかったのですが、この辺りって行き止まり路線が多くてどうもコースを取りづらいんですよね。当初は三木里~新鹿の海岸線も考えてましたが、あそこって周回が難しいし、往復もアップダウンを考えるとやりたくない。まあ過去...
ライド報告

贄湾周回と鵜倉園地

南勢方面(志摩半島の南側)は昔よく行ってましたが、最近長いこと行ってない気がするので久しぶりに一泊で行ってきました。Googleマップで見てたら面白そうな場所を発見しました。一つは旧南島町の慥柄浦から南島大橋を渡って湾を一周する道と、もう一...
雑記

体組成計を買い換えた話

中華の罠にはまった! まず初めに懺悔いたします。以前紹介した下の体組成計ですが、実はフェイク商品だったことが判明しました。間違った記事を書いてしまい謹んでお詫び申し上げます。 何がフェイクかと言いますと、体組成計としては全く...
自転車

POTA BIKEステムポーチ2を買ってみた

以前紹介したこちらのステムポーチなんですけど、もう一年以上使ってまして、その便利さはよくわかってました。とにかくアクセス性が良く、フロントバッグよりはるかに便利! 一度使うと手放せなくなりました。 ただ使っているうちにちょっと...
ライド報告

熊野古道と小広和田川林道・宇井郷林道

2日目は中辺路の近露から熊野古道を通って小広峠に登り、そこから小広和田川林道に入って三日森山のピークまで約300m登ります。さらに四辻峠を経て和田川沿いに下って下川下から日置川沿いに近露まで戻ってくる約42kmのコースプランを立てていました...
ライド報告

龍神温泉から三ツ又を経て丹生ノ川へ

初めに言いますと、これは本来予定していたコースではありません。本当は龍神温泉から酷道425号線で牛廻越を往復するつもりでした。何と言っても未踏の峠ですからね、一度は登っておきたかったんですよ。一応、事前に和歌山・奈良・三重の道路情報をチェッ...
タイトルとURLをコピーしました